つぶやきまりりん

群れない 慣れない 頼らない (堀文子)

手しごと

ヘリンボーンのベレー帽

年甲斐もなくベレー帽を作ってしまいました。
しかもちょっと大きめのやつ。
今年流行りとはいえわたしがかぶるとパン屋さんか大黒様みたいです。
かっこよくかぶりたいな。

ねじり一目ゴム編みを一目ゴム編みで編んじゃったと気がついたのは最後のしっぽのところ。
まあいいいか。
編んでいる間ずっと呪文を唱えていました。

一段目 表表裏裏表表裏表裏表表裏裏表
二段目 表裏裏表表裏裏表裏裏表表裏裏
三段目 表裏表表裏裏表表表裏裏表表裏
四段目 表表表裏裏表表表表表裏裏表表

これを繰り返すとヘリンボーンになります。
お魚のにしんの骨という意味らしいです。

IMG_20131115_095303herinnbo-nn


ダンダリンを見るとダンダ化されます。
山のあなたを口ずさみたくなります。

編みものともだち

とっきんとっきん帽子を6つ。
つっくんのちっちゃいとっきん帽子。
どんぐり模様のマフラー。
最近のまりりんの手仕事。
とっきんとっきん帽子5つはお嫁に行きました。
IMG_20131121_074028 toxtukinn


エロ本よりも編み物の本が好きという男性がいたけれどわかるような気がします。
編み図を眺めてはエアー編み物をする日々。
今度はどんな手触りのいい毛糸を買おうかとこれまたエアーお買い物。
30年前の毛糸も残り少なくなってきました。
それまではぐっと我慢のまりりんです。

三國さんの新刊は編みものともだち。
正統派だけどほっこりとゆるくてかわいい。
そして編みもの友だちが編んでくれた腹巻帽子。
何度もやり直してくれた鮭模様と気仙沼の冬景色の帽子です。
IMG_20131121_063017 syake


今夜は阪急電車がBSであります。
痛くてもそこから自分で歩き出す女性が好きです。

追記
征志とユキのスピンオフをネットで発見。
本が好きで日当たりが大切で美味しいお酒が大好きでちょっとだけ割り勘勝ち。
有川浩さんの作品に出てくる女性をお友達はケッと言う。
作為的なぶりぶり感があるからだけど、わたしはそれを含めてにやにやしてしまう。
恋の予感から物語は始まるのだ。
釣ったつもりが間違えることもあるさ。

編みものこもの

今年の初めずっと天袋に入ったままのダンボールを開けた。
中には30年前に買った毛糸。
カーデガンを編もうとしたけど毛糸とボタンだけ買ってお蔵入りしていた。
重いものはもう着れないしそもそも大作は根気もない。
マルティナさんのオパール毛糸の魅力に取り付かれて靴下に没頭していたけれどちょっと休憩。

先日デパートで素敵な帽子をかぶっている人に遭遇した。
その人の後ろに回ったり前を通り過ぎたり。
もちろんこそっとだけど怪しげだったかもしれない。
まだ図々しくはないので?そこでぐっと止めたけれど本当は尋ねたかった。
「素敵な毛糸の帽子ですね。手編みですか?」

三國万里子さんの編みものが大好きなわたし。
もしかしたらとだめもとで図書館に予約したらあの帽子が載っていた。
そして編んでるうちにお友達にプレゼントしたくなってきた。
手がゆるすぎて諦めた腹巻帽子を代わりに編んでくれたお友達に。
わたしにももしかしたら棒針の号数をうんと小さくしたら今度こそ編み図と同じゲージで編めるかもしれない。

10号針指定を6号針で挑戦してみたら出来た~。
本はもっととんがってる帽子だしかぶっていた人ももちろんとんがっていたいたけれどおとなしめにアレンジしてみた。
手袋にも挑戦してみたけれど出来上がりが本の写真と違う・・・。
あ!間違えた。
まあいいや練習練習。

編み物小物はやっぱり編みものこもの。
誰かを思って編むと気持ちがふんわりと満たされる。
ゆるくかわいく~。


追記

手袋出来上がりました。
片方を編んで放置すること一ヶ月。
並べてみたら微妙に色が違う。
三十年前に間違って買ってしまったのか。
それとも変色したのか・・・。
自転車通勤の次女のお誕生日に間に合いました。
IMG_20131123_200202tebukuro

色見本腹巻帽子

お友達の手しごとも紹介。
腹巻帽子を10個以上作ったお友達。
ねじってひっくりかえすことでリバーシルになるのが腹巻帽子の特徴。
もちろん一種類でも作れるけれど一玉だとちょっと足りない。
残り毛糸のコレクションが増えてそこで思いついたのが色見本腹巻帽子。
まみちゃんのお嬢さん 2013・9・12
ため息がでるほどうっとりします。
写真より実物の方がうんと素敵。
お友達のお嬢さんのために編んだ帽子は優しさがいっぱい詰まっています。

編み物って人様に迷惑をかけないところが好きです。
テレビや音楽は聞きたい気分じゃないときは雑音でしかない。
家事の合間にちょこちょこ出来るのもいい。(編み物の合間に家事をしているまりりん)


ツクツクボウシが鳴いている。
秋の気配だ。
職場近くの店先に無農薬や減農野菜が時々並ぶ。
お昼休みに物色。
スーパーではお目にかからないボウズダケと生のバジルを買ってきたので昨夜はきのこ汁、今朝はピザトースト。

明日は秋分の日。

目指せソックニッター

ソックニッターに憧れたまりりん。
目をしょぼつかせながら瞬きも忘れてはまり込んでいます。
毛糸は編んでは解くのでインスタントラーメンのようにこねこねです。
取り敢えず編んじゃった一足目は糸の始末をせずに放置状態。
糸の始末をしなければまた解いて編める・・・。
棒針もどんどん細くなって1号。
手のゆるさは今更治す気はないので後はゲージとにらめっこしながら工夫のみです。


まぼろしの一足目は「たたとたた夫」さんの初めての靴下。
ゆったりサイズで作ってしまったので靴を履くとずれそう。
かかととつま先のメリヤスはぎのごろごろが気になる・・・。
この一ヶ月散々編み直したマルティナ毛糸のロリポップとサーカス。
「またほどくの?」
「うん。」
その前に写真に残しておこう。
IMG_20130921_092250 1


2足目は「けいとや」さんのドイツ靴下の編み方。
海外では文章で解説するのが一般的らしい。
日本の編み物本は記号もあって親切なんだなあってさすがおもてなしの国。
靴の中でずれないようにちょっと小さめで作ってみた。
納得できる靴下は履いてみて足が決める。
気仙沼桜と名前のついた毛糸がかわいい。
モデルは次女。
kesennnumazakura


3足目は農婦の踵で編みたいので本を図書館で借りてきた。
農婦の踵って後からかかとを編むのです。
穴が開きやすいつま先やかかとだけ編み直しができるすぐれものらしい。
毛糸の靴下は母には滑りやすくて危険。
かかととつま先をなしにすればトレンカ風。
足首やくるぶしを温めるだけで冷え対策になる。
練習のためまずはまぼろしの一足目をトレンカ風にしてみた。
これがこうなってこんなことに・・・。
IMG_20130925_114314koregakounaxtute




ソックニッターさんのブログを最近徘徊。
左右の大きさが違ってしまったり穴があいてしまったりそれを含めて楽しそうでわくわくします。
旦那さんの闘病中にベットの横で編んでいたソックニッターさんのブログには悲しみを無心に手に集中させることで乗り越えたと綴っていました。
ソックニッターの靴下は少々出来が悪くても履いてみるとそれなりにかわいいのです。

今夜は十五夜。
まりりん
月別アーカイブ
タグクラウド
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ