つぶやきまりりん

群れない 慣れない 頼らない (堀文子)

おいしいもの

幻の串かつ

やっと行けました。
名古屋のB級グルメといえばのんき屋。
以前そのお店を熱く語りお土産をいただいたことがあったので妄想が膨れ上がっていました。

金曜の夜だからなのか店内は座るところがなく、路上でいただきました。
ビギナーのわたしはルールもわからず、常連らしきおっちゃんに教えを請いながら堪能しました。
(注文の仕方にソースや味噌の付け方、キャベツの貰い方と間違えたら怒られそう・・・。そのドキドキ感もご馳走の内かも。)

食べて飲んで一人1000円弱。

名古屋駅から歩いていけます。
今度はお友達を連れて行こう。
ちょっと先輩風を吹かして。

ゆず茶とぬれいか天

先日お友達とお茶をして気に入っちゃいました。
風邪予防にもいいかも。
お店ではなんとお酢を入れました。
(味がきりっとしまりす。)

そしてもう一つ。
一枚100円もするのでもったいぶってご褒美に一枚づつ買います。

このゴールデンコンビ、はまっています。

4080ed12.jpg


名古屋では喫茶店に入るとピーナッツがついてきます。
それって名古屋だけの常識だったんですね。
あんこ好きで味噌好き・・・そしておまけ好き。

旭軒の洋菓子

空港(セントレア)まで行くと必ず買ってくるものがある。

「ほんの手前みそ」
味噌といってもチョコレートケーキ。

お隣に新製品も並んでいたのでついつい。
「やっとかめ茶でも一服」

でもやっぱりほんの手前みそにはネーミングも味もかなわない。

df54fc61.jpg

黒大豆枝豆

「お義姉さん、きっと大好きだと思うから送りますね。」

弟のお嫁さんから昨日電話がありました。
そして宅急便で今朝届いた枝つきの枝豆。

さっそくゆでて幸せな気分に浸っています。

「コウノトリの贈り物
JAたじま 黒大豆枝豆」

早く夜が来ないかな。
だって枝豆と言えばビールでしょ。
中日もまずは一勝したことだし。
それにしてもシンジョウやダルビッシュには華がありますね。
まあ中日の選手は地味だからこそ身内のような安心感があって応援したくなっちゃうのでしょう。
でも本当は広島ファンです。
はい、もっと地味です・・・。

この三週間家ではのんでいませんでした。
私にはすごいことなのです。
そういいながら先週末はお友達と二日酔いになるぐらいのんじゃったからトータルすれば一緒かも。

挑戦していたキャベツダイエットも三日であきちゃいました。
五センチ角のざくぎりした生のキャベツを小腹がすいたらつまむというダイエットです。
顎を動かすので小顔効果もあってお通じもよくて肌もきれいになるんですって。
ちょっとはした方がいいのですが食事制限も運動もしなくていいと言われちゃえば飛びついちゃいますよね。
まるまる一個買ったキャベツは三日目には回鍋肉になっていました。

おいしい春キャベツが出回ったら再度チャレンジしてみようと思っています。

そんなこんなでかわいい義妹が飲んでっていうのですから今夜はお家で解禁にします。
久しぶりだから贅沢しちゃおうかな。
黒ビールとエビスを半分ずつわると最高です。
でもそうすると二本になっちゃうか。
350ののどごし生が冷蔵庫にあるからそれを今夜の楽しみにしちゃいます。

大量に送られてきた枝豆、大きな鍋でゆでて冷凍しておこっと。
枝豆係は私ということで・・・
どこかにもっていって呑もうと頭が回転しはじめちゃいました。

瑞泉おもろ

宝物のようにちびちび飲んでいた泡盛。
お土産でもらったのは二年前ぐらい。

とうとう飲み干してしまった。
ゴーヤの苦味とぴったりでチャンプルを作ると水割り(お水と半々で割るとすごくまろやか)で飲んでいた。

それまでは日本酒党で泡盛を飲んだことはなく焼酎も苦手だった。
安い焼酎をダンナがお湯割りをしていたのでそれが焼酎だと思い込んでいた。
でも日本酒と同じようにほんまものはどれも美味い。
杜氏さんの心意気を感じてしまう。

なくなっちゃったからって急に思い出したわけではありません。
でもこの泡盛を飲むたびに頑張ってるかな?元気にしてるかな?って思って(おもろ)いたのは本当です。
まりりん
月別アーカイブ
タグクラウド
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ