つぶやきまりりん

群れない 慣れない 頼らない (堀文子)

ウクレレ

you are my sunshin

一ヶ月ぶりのウクレレ教室
せっかく覚えたコードも忘れちゃっていました。

今日の課題曲はあの誰でもしっている♪ユーアーマーサンシャイン
コードでリズム刻みながらメロディーを弾く。
コードを押さえる左手はわなわな。
「基礎さえわかっていれば後は自由に自分のイメージでいいよ。」
イメージはあるのです。
でもそれを表現するのがね。
フュージョンっぽいリズムでクラプトンの泣きのギターのようにそれでいてフォークっぽく。

心の中で思っただけでそんなこと口にしていませんとも。

最近テレビドラマでもウクレレの音色が気になるから不思議です。
ギターかなと思っていたらちょっとポコポコした音だったり。
夏が近づくにつれてよく耳にします。

「ウクレレはケースにしまっちゃだめだよ。
紐でわっかを作ってペグにひっかけてつるせばいいんだから。」

ペットのように気が向いたら抱っこしてなぜるように爪弾けばいいってことか。
先生のウクレレへの愛着がこっちにまで伝わってきてほんわかします。

今月はもう一回行くつもりで二回分の月謝を納めてきました。

ジェイク・シマブクロかっこいいです。
ドラマ「離婚弁護士?」のバックでいい感じに流れています。

と?いっと?に?

難しかったです。
頭の中では理解しているのですが・・・。
手が動かない。

教室初日。

まずはウクレレの抱え方と弾き方。
脇で抱えて手首だけ動かし人差し指でネックのあたりを弾くんです。
ほ?。

次にコードの練習。
D7、G7、C、F。

ストローク。

ここまではなんとかこなしたのですがその後でいかにリズムの取り方が難しいかを思い知らせれました。
ちょっと前にみたスイングガールのDVD。
後ノリだ?。

「と?」からかき上げるように弾き始め次の小節にはいります。(D7)
「いっと?」
「に?」で音を大きく。
そして「に?と?」の「と?」でコードが変わります。(G7)
「と?さんと?し?」
「し?」も音を大きく。

今夜うなされそうです。
「と?」って。
「に?」「し?」って。

コードもまだうろ覚え。
おまけに脇で抱えるので押さえるところが見えません。

以前からやっている生徒さんがTAB譜を見ながらメロディーを弾いて私はコード、先生はその両方を交互に弾きながらリード。
レベルのまったく違う生徒を教えるのって大変だろうな。
しっかり足を引張っていました。

でも楽しかった。
みんなでリズムを合わせて一つの曲を弾くのって。

今日の課題曲
「カ・ウレウェヒ・オ・ケ・カイ」

なんて意味だろう。
早口言葉みたい。

サビの部分がどこかで聞いたことがあるって気になっていました。
やっと思い出しました。
徳永英明の「壊れかけのラジオ」。

さてと電子メトロノームどこかにあったはずだけど。

ウクレレその2

週末まで待ちきれずに買っちゃいました。
教えていただいたお店にはお手ごろな初心者セットが売っていました。
チューナーもカバンも本までもがセットになっています。

ウエストがきゅっとしまったスタンダード型にしました。
パイナップル型はまるで私のぽっこりお腹みたいで親近感はありましたけど。

「これにします。」って言ったら奥から何本も持ってきて弾き比べて薦めてくれました。
音色の良し悪しはわからないけれどお店の人が薦めてくれたのはクリアですごく響いていたような気がします。
納得できないウクレレは返品するそうです。

そのお店でも教室をしていて見学をさせていただきました。
メロディーの合間にコードを弾くのでクラシックギターとフォークギターの中間みたいとその醍醐味を感じました。

そのお店の先生がしゃれた久米宏だとするとウクレレ職人の先生は半ズボンが似合いそうな素朴なタマみたいな人です。

もちろん私は家から五分で行ける料金も格安なタマ先生の弟子になります。

佐賀野楽器製作所

PoePoe名古屋

ウクレレ

見学してきました。
・・・ウクレレ教室です。

「耳をすませば」そんなジブリ映画を見たことがありますか。
この何日か主人公の雫になっていました。
雫はバイオリン制作の夢を持ったセイジ君に憧れていました。

私もウクレレ教室はもうけなしの副業でウクレレ製作をしているセイジ君?に会えるのを楽しみにしていました。
子供達に話したらウクレレといえば高木ブーだよって・・・。

セイジ君かブーさんかと言われれば、私の口からは言えません。
でもその人柄が伝わってきました。

学生の頃フォークギターを弾いていた私。
でもダンナのフォークギターもエレキギターもFをきちんと押さえられないし手は痛いしであきらめました。
昨年一五一会なんて楽器が話題になりやりたいなって思ったけれどなんせ高いしそんな教室なんてありません。
独学の好きな人もいるでしょうけれど私はお稽古病。

たまたまネットでヒットしたのも何かの縁かもしれません。
月謝も一回いくらでいいそうです。
木曜日の生徒さんは現在お一人。
今日はお休みだったので練習はみれませんでしたが先生からウクレレのお話をお聞きする事ができて楽しかったです。

ウクレレってギターでいう5カポで手前の低い二本がないって初めてしりました。
しかも手前の弦が二本目の弦の音より高いのです。

チューニングだけでも習いたいなぁ。

「ウクレレは二万円以上のを買ってくださいね。」
ウクレレ専門店も教えていただきました。
週末のぞいてきます。

「本当に続くの?」

「続く続かんはいいの。やってみたいっていうのがいいの。」
母としてわけのわからん返事です。

めざせ「つじあやの」です。
まりりん
月別アーカイブ
タグクラウド
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ