つぶやきまりりん

「何とかなる。それはやることをちゃんとやってる人のセリフ。」ミイ

映画

カメラを止めるな!

320

原作だ原案だでにぎわせた映画。
ヒットしなかったら何事もなかったのだろうけど・・・。
とにかくめちゃくちゃ面白かった。
息をつめてしまうぐらいの緊迫感。
その伏線を種明かししていく上手さ。
無名の役者がとにかくすばらしい。
舞台から生まれ映画だからできた奇跡だ!
映画愛にどきどきさせられっぱなしだった。
いろんな偶然が重なって一体感となってぷるぷると笑顔で。
カメラを止めるな!
カット!と。


デッドエンドの思い出

ばななさんの本のあとがきに書いてあった言葉がずっと残っていた。
「これが書けたので小説家になってよかったと思いました。」
ばななさんの辛い出来事が小説として昇華されたのではと思ったからだ。
辛い出来事はとてもうかつにある日突然やってくる。
呆然とたたずむしかない。
心の中にある宝物のような大切なことを想像することが出来ない人に期待するのをやめたらやっと歩き出すことができた。
ばななさんは小説を書くことで。
わたしは小さな自立をすることで。

ばななさんの短編小説を韓国の女性監督が映画にした。
しかもロケ地は名古屋だ。
そのお披露目が先日映画祭で上映された。
袋小路にあるカフェ。
その二階で暮らした数日間の思い出。

マスターの西山君が取り戻してくれた車。
ユミが未練がましい思いを吐き出せたのは縁も縁もない数日間の隣人だったから。
助手席は指定席だったはずだ。
それが叶わなくなったのなら運転席でハンドルを握ればいい。
連れて行ってもらうのではなく自由に好きなところに。

以前の映画祭でボランティアをしていた。
フィルムの頃はチェックを兼ねた試写会が楽しみだった。
デッドエンドの思い出」のエキストラの方々も集まっていた。
わたしも係わりたかった。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス

yjimage9VRMOJYG

お友達が映画に誘ってくれた。
音楽に国境はないことを感じさせてくれる。
アメリカと国交がない貧しい国。
それでも音楽を愛する人はぽんと飛び越える。

あまりにも気持ちよくてふっと睡魔に襲われる。
それも正解かもしれない。

ライクーダーがバイクでキューバを走ってから18年。
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ。
この夏は音楽にもやけどしそうだ。
おかえり。

欲望のめざめ

DXkwMBQU0AAR6Yi

ソフィア・コッポラの映画を観た。
暑い時は映画が一番。
映画館は女性の先客がお一人。
目線で挨拶をする。

さすが女優さんが豪華だ。
スリラーなのにおしゃれで上品。

森の中、鼻歌を歌いながら少女がきのこを拾っている。
遠くに砲弾の炸裂する音が響く。
熊さんに出会うぞと思ったら木陰に横たわる怪我をした兵士に出会う。
案の定わたしはびくっとする。
女性だけの寄宿舎に一人の男。
欲望のめざめ・・・。
エンドロールでは何事もなかったかのように少女の鼻歌が流れる。
うまいなあ。

あいち国際女性映画祭のパンフレットをもらってきた。
女性監督作品が好き。

Vision

河瀬監督最新ファンタジー。
未来、幻、Visionが一人歩きする。
見つめ、聞いて、触れて感じる。
愛しい人と愛しい我が子と引き裂かれ自らも引き裂く。
人だけに組み込まれたDNA。

997年の悠久。
自然の中で時の中で繰り返される。


ちょっと早い父の日。
父に会いに、父の声を聞き、父と一緒に格闘し、父と癒される。
わたしのビジョン。

uM2e8QT0_400x400
ブリューゲルのクッキーをお供に

まりりん

maririnn_bb

月別アーカイブ
タグクラウド
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ