前売りペアチケットや招待券が手元にあるのでお休みは美術館巡り。
バスが出たばかりだったので地下鉄を平安通りで乗り継いでメナード美術館を目指す。
暑い暑いと言いながら行列を見つけると吸い寄せられるようにたこ焼きのお店に。
芸能人元一家がにっこり写っていた。

180-1

田渕俊夫の緑青の富士の樹海が見たかった。
きれいだなあ。
この絵に出会えたのもきっとプロローグ。
http://museum.menard.co.jp/

小牧山のすそ野を歩きうどん屋さんへ。
夏ばてかな、冷たいやまかけうどんなら軽く食べれると思ったら最後の一口がきつい。
でもやまいもがもったいないのでおつゆもすべていただく。
さっきたこ焼き10個食べたばかりだと気がつく。

時刻表を調べることなくレンタカー屋さんのおじさんにバス停を聞く。
「すく前の道を左に折れて突き当たりを左に折れると信号があって、その横断歩道を渡るとバス停があるから。」と二度丁寧に教えていただく。
わたしも身振り手振りで復唱する。
一時間に一本のバスの四分前に到着。
以前も奈良の仏像を見に行ったときにもこんなことがあった。
聖林寺は日美の再放送でアラタさんが旅をしていた。
あの時も暑かった。

20170713012320717

県美では又リョーシカとご対面。
何が目的なんだか。
美術館巡りだとちょっとおしゃれをする。
行き当たりばったりの一万歩越えで久しぶりに履いた踵のあるサンダルが痛い。
ブルゾンちえみも頑張っていた。