陶器原料の廃棄物だったのか・・・。
18日夜に中央道で土砂崩れがあった。

19日ハイクの日(ハイキングの日)に富士見高原に行った。
途中通行止めになっていたので一般道を迂回したため2時間遅れで到着した。
ハイキングコースをショートカットして望峰の丘で棒つきのきゅうりとお茶を振舞われて配られたお弁当を編笠山を眺めながらいただいた。
お天気も回復して富士山、北岳、奥穂高が望めた。

Animal%20Kingdom

そして一番うれしかったのはアサギマダラに出会えたこと。
八ヶ岳で見たアサギマダラは世代交代しながら日本列島を縦断して2000キロを旅する蝶だそうだ。
フジバカマの蜜を求めて気温は21度を好む。
恥ずかしがりやの蝶はなかなか羽を開いてくれなかったけれどその浅葱色の美しさのとりこになってしまった。
リフトで山を下りお花畑を抜けてソフトクリームを食べて帰路に。

17日の深夜一人でお山に向かった師匠が巻き込まれなくて本当によかった。
20日には復旧したのでスムーズな帰路だったようだ。

いよいよ九月の涸沢本番が近づいてきた。
春先からそのために頑張ってきた。
ハイクのツアーに涸沢ヒュッテのTシャツを着た人が参加されていた。
その女性は春から始める登山教室で最終目標の涸沢を楽しんだそうだ。

ふたり旅は共感し合える話し相手がいること。
ひとり旅は話し相手がいないこと。
だからひとり旅は公共交通機関でちょっと緊張して周りを観察して楽しんでいる。

その方はひとり旅で男性の方と合い席になっていた。
リタイアされたその男性は月に数回ツアーに参加されているみたいでずっと話をされていた。
知らない人とおしゃべりするのも楽しみなのだろう。
でも相手の話は基本聞かないから前の席で聞き耳を立てながらふたりで突っ込みを入れていた。
そのおかげで飽きなかったから感謝しなくては・・・。、