お盆休みは今日まで。
お家にいてはもったいないので碧南藤井達吉現代美術館に。
お目当ては高橋由一の鮭。
写真よりリアルな触りたくなるような質感に人がいなくなると行ったり着たり。
そしてひたすらお山に登った画家、犬塚勉。
お山を始めなければきっとここまで胸にせまることはなかったかも。
38歳での早すぎる山での遭難。
彼はきっと幸せだったんだろうなと・・・。
201506271340399f1
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/temporary/real.html

曇り空でお散歩日和。
寺町の細い路地に蔵が立ち並ぶ河口。
弁財天の使いの白蛇。
名古屋から知立で乗り換えて碧南へのひとり旅。
お盆のお勤めが聞こえてきた。

昨日は実家へ。
母は政次にめろめろだ。
「俺を信じろ、信じろおとわ」
「案ずるな、地獄には俺が行く」
自分でまねて自分で照れていた。
八十代も魅了する高橋一生くん。
母に元気をありがとう。
四十代で登山を始めて体力の限界を感じて六十歳でやめた父。
八時に寝て四時に起きる父。
十二時に寝て八時起きる母。
起きている間はそれぞれの部屋で大音量でテレビが流れおしゃべりしていた。
わたしの睡眠時間は四時間だった。
親孝行のつもりが娘孝行をしてもらい、でもそれが親孝行だと母になり祖母になるとわかる。
ただただ心配で、ただただやってあげたくて、帰ってくるのをただただ待っている、それはいくつになっても変わらない。

婿さんがキャンプのお土産の川上屋の栗観世を届けてくれた。
息子に送ったlineが既読になった。
平和だなあ。
自由だなあ。
いいお盆だったなあ。


追記(政次ロスが心配だ。)

白黒をつけむと君をひとり待つ
あまつたう日ぞ楽しからずや