image

春の長雨も奇跡のように上がった昨日。
大垣の舟下りに薄墨桜に谷汲山の真っ暗な回廊めぐりにその道中も車窓からの満開の桜のを楽しんだ。

西濃は次女が大好きだった所。
(現在は静岡県に移住。)
こののどかな風景で頑張ってたんだなあとうるうるしそうだった。

久しぶりの三人旅。
それぞれの旦那さんが定年を迎えてそのかかわり方の違いが面白い。
一人の友達のご主人は毎度の駅までの送迎。
なんと帰りは駅前で一言の文句もなく二時間待っていたらしい。
そのご主人の徳で雨が上がり桜を楽しめたとわたしは思っている。
もう一人は行きは送ってもらい帰宅するなり家で過ごした一日の出来事をしゃべり続けたそうだ。
家人の場合「ただいま」に返ってくるのはいつも「ん~」。
だめだしより最近はこの方が心穏やかでいられる。

バスツアーのお客さんの半分は韓国からの団体さんだった。
バスガイドさんの言葉がわからなくても静かで礼儀正しく最後にはナンバーワンドライバーアンドガイドと拍手をされて春風に泳ぐ鯉のぼりのように爽やかだった。