三年ぶりに転んだ。
前回もなぜか二月だった。

なんでもない下り坂。
二駅歩こうと意気揚々と踏み出したところだった。
スニーカーにリュックで見事にバタッと。
もちろん撤退。

yama05a

昨年の秋頃「山女日記」をテレビで観た友達から涸沢に行こうと誘われた。
いくら歩くのは好きでも迷惑かけちゃうから無理だよと答えていたけれどお友達の職場の登山の師匠さんが夏に連れて行ってくれるという。
連れて行ってくれるといっても自分の足で歩くしかない。
悩んだときは山に行け!って人もいるけれどどうしようかと悩むんだったら山に行ってみようかと揺れ動いた。
そして自分へのお誕生日プレゼントに靴とストックを買った。
s_1129326_yl
山男だった父に相談したら涸沢はハイキングだと言う。
そこからが登山なのだから大丈夫と太鼓判を押された。
そして地図を引っ張り出しどの山に登ったかうれしそうに語りだした。
まして山小屋に泊まるのならいつもわたしが実家に行くのに愛用しているリュックでいいという。
(でも形から入りたいからいろいろしょってしっくりくるリュックを探してみたい。)
登山の師匠さんの話ではお風呂もないから着替えもいらないし体温調節のためのダウンと雨対策の合羽があればいいと言う。
(化粧はしなくても日焼け止めの下地ぐらいはしてせめて靴下とパンツだけは着替えたいとひそかに思っている。)
ただし綿は駄目らしい。
リネンや麻や自然素材が好きなわたしに化繊は受け入れがたいけれどそれが山の常識らしい。

みんな最初は初心者。
運動音痴のわたしが出来ることはとにかく歩くこととできるだけ階段を使うこと。
今日は散歩日和だったけど大人しく図書館で借りてきた鈴木みきさんの本でイメージトレーニング。