今年の初めずっと天袋に入ったままのダンボールを開けた。
中には30年前に買った毛糸。
カーデガンを編もうとしたけど毛糸とボタンだけ買ってお蔵入りしていた。
重いものはもう着れないしそもそも大作は根気もない。
マルティナさんのオパール毛糸の魅力に取り付かれて靴下に没頭していたけれどちょっと休憩。

先日デパートで素敵な帽子をかぶっている人に遭遇した。
その人の後ろに回ったり前を通り過ぎたり。
もちろんこそっとだけど怪しげだったかもしれない。
まだ図々しくはないので?そこでぐっと止めたけれど本当は尋ねたかった。
「素敵な毛糸の帽子ですね。手編みですか?」

三國万里子さんの編みものが大好きなわたし。
もしかしたらとだめもとで図書館に予約したらあの帽子が載っていた。
そして編んでるうちにお友達にプレゼントしたくなってきた。
手がゆるすぎて諦めた腹巻帽子を代わりに編んでくれたお友達に。
わたしにももしかしたら棒針の号数をうんと小さくしたら今度こそ編み図と同じゲージで編めるかもしれない。

10号針指定を6号針で挑戦してみたら出来た~。
本はもっととんがってる帽子だしかぶっていた人ももちろんとんがっていたいたけれどおとなしめにアレンジしてみた。
手袋にも挑戦してみたけれど出来上がりが本の写真と違う・・・。
あ!間違えた。
まあいいや練習練習。

編み物小物はやっぱり編みものこもの。
誰かを思って編むと気持ちがふんわりと満たされる。
ゆるくかわいく~。


追記

手袋出来上がりました。
片方を編んで放置すること一ヶ月。
並べてみたら微妙に色が違う。
三十年前に間違って買ってしまったのか。
それとも変色したのか・・・。
自転車通勤の次女のお誕生日に間に合いました。
IMG_20131123_200202tebukuro