つぶやきまりりん

群れない 慣れない 頼らない (堀文子)

2015年12月

スギハラチウネ

今年もあと六時間。
息子もジェットスターで帰省してきました。
今夜はすき焼きと思ったら地元のお友達との飲み会でお出かけ。
次女は箱根駅伝を観戦して帰省とか。
長女はお母さんの黒豆とお煮しめを食べたいと言ってくれます。
そんな子供たちに幸あれ。

先週観たスギハラチウネが今年の映画収めに。
「チウネさん」そう妻になる女性は初対面で言う。
何度もそう呼ぶのでちゃんとチウネさんだと理解した。
敦賀の記念館に行ったこともあるのにずっとスギハラなんとかさんだった。
日本人監督作品じゃなかったからよかったのかもしれない。
ただの良き人だけではなかった。
外交官といえどもスパイ。
ソ連に憧れ続けても外務省に疎まれ赴任することは叶わなかった。
だからこそ救えた多くの命。

よい年をお迎えください。
今年最後の言葉はなかなか難しい。

人のお世話にならぬよう
人のお世話をするよう
そして報いを求めぬよう

三兎追うもの

「あんさんは欲張りだす。」
どきんとした。

母とは欲張りなものだ。
子供のためには強くもなる。
何かをするためには何かをあきらめなくてはいけないなんてことを言う人もいる。
でもあきらめきれないなら周りがなんと言おうと突き進めばいい。

結婚もしたい、子供も産みたい、仕事も続けたい。
それが叶う時代になってきた。
あさちゃんと一緒だ。
そしてそれを実践するためにはコツもある。
実家の近くに住む。(子供の緊急事態は待ったなし。)
キャリアシフトで乗り切る。(可能なら時短や契約社員)
そして何よりも要領よくいい意味で大雑把なのも才能の一つかもしれない。

人生楽しく自由でいるためには自立していることが肝心。
先延ばしな老後もそろそろ。


今宵のイブ。
心配した雨も上がり日中はポカポカ。
さすがに日が落ちてからはじっとしていたら冷えてきたけれど先輩たちから受け継がれてきた聖歌は素敵だった。

小さな努力

片づけが苦手な人にはこれだけを守ればなんとかなる約束事があるそうだ。
床に物を置かない。
元の場所に戻す。
ゴミ箱に捨てる。
この三つでいいそうだ。
断舎利なんて考えるからいけない。
テレビでやっているのはプロの技。
引き出しの中からなんて思いすべてを引っ張り出すから力尽きる。

ダイエットも一緒。
大きな努力は続かないしリバウンドまっしぐら。
小さな努力が出来ない人が大きな努力の後で維持するのは難しい。
炭水化物が大好きなのに炭水化物抜きダイエットなんて続かない。
三食きちんと食べておやつも食べる。
おかわりを控える努力ならなんとかなる。
おやつも小袋タイプにする。
そしてちょっとの運動は週二日。

お休みはしっかり取ったのだからまずは年末まで小さな努力を続けてみよう。
年末だということを見て見ぬ振りをしてきたけれどやっとエンジンがかかってきた。
部屋も身体もすっきりとなるはず・・・。

エターナル

ボーナスをいただいたので自分へのクリスマスプレゼント。
まさに一目惚れ。
約束の時間よりも一時間早く着いてしまったので眼鏡のメンテナンスをしてもらってふらふらしていたら出会ってしまった。
なんてキュートなんだろう。
文字盤には誕生石がはめ込んであって幸運を呼び込み身を守ってくれるそうだ。
(小さすぎて違いがわからないけれど。おまけに時間もわかりにくいけれど。)
金属アレルギーがあるのでベルトや裏蓋も気にしているとなかなか好きなものに出会えない。
調べてもらったらステンレスのようだ。
その場で身につけてうきうきと歩き出した。

家に帰ってから念のためにトップコートを塗った。
ケースに入れて時々蓋を開けてにやにやしている。
L010318667_pz_a006
人生に絶対や永遠はないけれどせめて身につけるものは流行にとらわれないないでいつか娘たちへの形見になるといいなあと最近思う。
「お母さんいつも楽しんでたよね。」と押し付けあってくれたらうれしい。

火花

露天風呂付の部屋。
ついさっきまで花火が上がっていた。
ライトを浴びながら湯船で火花のように上も下も揺らしながら飛んでいるのは先輩芸人。
後輩芸人はそれを真っ暗な部屋から眺める。
人と違うことをしなくては売れない。
たとえ一発屋だったとしても。
それが痛々しい方向だったとしても。
家庭を持ったスパークスの相方とは解散した。
これからピン芸人としてやっていけるのだろうか。
不安を抱えながらも僕はただ笑い続ける。

芥川賞と直木賞の違いってなんだろうといつも思う。
直木賞はわかりやすい。
読んでいる途中からわくわくする。
芥川賞はちょっと遅い読後感。
そしてじわじわと痛みになって膨らんでくる。
映画になったら面白いだろうな。

年内に図書館から回ってきてよかった。
たとえ天邪鬼でも読んでないのはちょっと悔しかったのだ。
そして今年やり残したことはイケメンゴリラのシャバーニにまだ会っていないこと。
まりりん
月別アーカイブ
タグクラウド
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ