つぶやきまりりん

「何とかなる。それはやることをちゃんとやってる人のセリフ。」ミイ

2014年03月

めがねを買いに

めがねが大好きでめがねスタイリストになった人がいる。
大好きの力はすごいなあ。

めがねをほめられるとうれしい。
顔の真ん中で一番目立つアクセサリーを楽しんでいる。
お気に入りの洋服屋さんがあるようにお気に入りの眼鏡屋さんがある。
店員さんに相談にのってもらいながら全身鏡に映し悩みに悩んで一つを決める。

先週、娘がめがねを作りたいというのでわくわくしながら付き合った。
店員さんが好みを聞きながら999.9(フォーナインズ)のブルーグレーのめがねを薦めてくれた。
丈夫で肌うつりがきれいだ。
機能を追及することでデザイン性も向上するって新鮮だ。

老眼デビューのころは無難で小さな字が見えれば十分だった。
必要に迫られてかけてるだけでめがねは似合わないと思っていた。
今はむしろ老眼を楽しんでいる。
ごはんもおいしくなるししわも防げる(隠せる)と思っている。

めがねは楽しくなくちゃ。
お友達はそう教えてくれた。
恋チュンみたいだ。(豊川高校がんばれ~)

開花まじか

昨日はボストン美術館の北斎最終日。
駆け込みで念願叶いました。
県美の点描画とのはしご。
花粉症まっただなか箱ティシュも持参です。
百物語もあって面白かった。
人ごみの中行ったり来たりしてもしも一枚あげると言われたらと勝手に思って鑑賞します。
そしてその絵葉書を一枚買いました。(鶯と垂桜)
大切な人に贈れれば素敵だけどしばらく冷蔵庫に貼り付けたままになるかな。
それでもいいのです。

先月、ミーハー気分で応募した日曜美術館の新さんのトークショーに出かけました。
新さんの一枚はモノクロのサーカスは小さな絵。
なぜか心に残ってしまいました。
(役者ARATAのイメージは寡黙だったけれど伝えなきゃと言葉を捜しているさまも好感が持てました。)

川上弘美さんの小説のゆるい人たちが好きです。
ニシノユキヒコの映画みたかったな。

行ける時もあれば諦める時も。
映画館に美術館、無理せずチャンスは逃さずお天気と相談して闊歩するのです。
お出かけまーちゃんにも春が来ます。

逃げている

お彼岸の今日、長女は行事で仕事だった。
婿さんも企業カレンダーなので祭日は仕事。
もちろんわたしが預かる。
こんな時実家に頼れなければベビーシッターにすがるしかない。
子供を理由に仕事は休めない。

ネットベビーシッターの悲しい出来事。
そこに預けざるをえなかった現実を思う。
ましてシングルマザー。
仕事をなくせば生活は立ち行かなくなる。
きちんと養育費を払ってくれたり面倒をみてくれる父親ならこんな事件に巻き込まれずにすんだはずだ。
親御さんも遠方だったり高齢だったりすればあてにはできない。
少しでも安価で臨機応変に預かってくれればそれだけでありがたいと思ってしまうことだろう。

わたしも娘のことだからほっておけないけれどそうじゃなければ他人事になってしまう。
何もしてあげれないなら口も出すべきではないと逃げている。
お知り合いが福島で里帰り出産をする。
車で9時間かかるけれど放射能が心配だから産後一ヶ月で戻ってくる予定だという。
大丈夫かなと思うけれど何も言えなかった。

それでも子育ては面白いし愛しくてたまらない。
そう感じていられたのは安心で安定した生活があったから。
消費税がそのために使われますように。

春かたづけ

あさイチで春かたづけ特集
とりあえずこのあたりのわたし。
だから探し物はそのあたりをごそごそしてみる。
そしてある日憑き物が落ちたように片付け始める。
大変さがわかっているから最近ではそのある日も遠のいている。

今はつっくんがいるからと言い訳できるけれど衣替えも兼ねて四月になったら始めよう。
録画した番組は実行するまで削除しないでおこう。
(再生するたびにプレッシャーになるはず・・・。)
それまではまずはものを増やさないでおこう。
(それぐらいなら我慢できそう・・・。)

55歳からのハローライフ

本屋さんでこの本が平積みされていたころハローワークだと思っていた。
55歳でハローワークのネット検索のお世話になったわたし。
そのすぐ後に図書館で出会えるってなんだか運命を感じた。

早期退職し再就職がなかなかうまくいかない話。
定年後家庭で威張りまくる夫と同じ空気を吸いたくなくて犬を飼う主婦の話。
身につまされる連作中篇小説だ。

いつのまにか価値観がまったく違っていた。
きっとそれはお互い様。
どちらかが我慢することも無理することもない。
ただ自由でいるためには働かなくては。
それが老後のスタート。

ハローワークでは55歳以上を高齢者(シニア)と呼ぶ。
高齢者に仕事を教えるのは大変にちがいない。
たとえ経験者であっても出しゃばらず気持ちよく。
少しでもお役に立てれば喜びになる。

まりりん
月別アーカイブ
タグクラウド
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ