つぶやきまりりん

「何とかなる。それはやることをちゃんとやってる人のセリフ。」ミイ

2012年08月

早ワザなべ

スーパーでは新米が並んでいた。
「おいしいごはんが食べたい。」
最近の一番の願い。

土鍋を買おうか。
圧力鍋を買おうか。
ここ一年ずっと物色していたけれど悩んでいたのは重いから。

近所のイオンで早ワザなべクィクックがセール。
昔のクルクル回るイメージが離れない圧力鍋恐怖症のわたしでも使えそう。
なにより軽くてお手入れが簡単そうだ。

老眼鏡をかけるのが面倒で説明書もそこそこに炊いたご飯は固かった・・・。
しっかり読んだら蒸気がでてからの加熱時間だった。
それも弱火にするんだった。
蒸らし時間だけ合ってたけど。

明日はもっとおいしい「白米」を炊いてやる。
蒸気が出て8分蒸らし12分!!

419SZxVx67L__SL500_AA300_
amazonの方が安かった・・・。



追記(鍋に付いていたレシピに挑戦)

9月1日
なすの含め煮

厚揚げも入れてみた。
(厚揚げが爆発するのでは心配したけど大丈夫だった。)
味付けは適当。

早ワザなべには水分400ccが基本のようだ。
蒸気が出て三分で完成。
出来立てよりも一晩置いたほうが味がしみていい感じ。

山下達郎シアターライブ

期間限定に弱い。
ヤマタツのシアターライブ
平日の夜なのに映画館はいっぱい。

山下達郎のライブに行ったのは学生の頃。
ライブという言葉もまだなかったシリアポールとのジョイントコンサート。
それからずっと第一線で音楽を作り続けてきた彼に魅せられてきた。
声はますます澄み渡りもはや神の領域のよう。
髪もまた。
胸が熱くなる。

「映像でこれだけ感動するんだから生はすごいだろうね。」
一緒に付き合ってくれたお友達の言葉。
いつか行きたい。
ぜったい行きたい。
きっと涙でぐちゃぐちゃになる。

エルミタージュ

 年老いた囚人に授乳する女。
手足を縛られ食事を与えられない罰。
題名は「ローマの慈愛」。

わからない。
どうして慈愛なんだと会場を後にする。
お友達にメールをするとそれは父と娘で美談なのだとのこと。
ますますわからない。

暗闇で窓辺に美術館で買ったマトリョウシカを並べてにやにやしていたら次女に見つかってしまった。
「お母さん、かわいいけど・・・・。」
わからないのはわたしの方。

DSC_0007

かーくんがチェブラーシカが好きだと聞いていたのでグッズをお土産に買ったらテブラーシカだった。

苦役列車

観たいと思い続けているとチャンスが巡ってくる。
遅い時間だったのであきらめていたら最終週は時間変更。

私小説は自虐的で難しい。(もちろん自慢より好きだけど)
西村賢太の「苦役列車」がどう映画化されるか楽しみにしていた。
小説の世界は生臭いけれど映画は無臭だった。

森山未来くんの汚れ役。
汚い言葉を吐き唾も吐く。
小説には出てこなかった昭和のダサい女学生をAKBのあっちゃんが好演。
尿瓶を持ってカラカラ笑うシーンにただのアイドルじゃないと確信した。
そしてマキタスポーツはやっぱ歌が上手い。

観れてよかった。

最低男の貫多には夢がある。
その日暮の日雇い人足、酒と風俗におぼれ部屋代を踏み倒す。
友達のいない生活の中での楽しみは読書。
そしていつか小説を書きたいと思っている。

思うことが大事なんだ。
わたしはシニア料金で映画三昧の日々を送るのが夢。
そしておいしくて面白いものを見つける旅をして、相変わらず一方通行のブログを更新していたいな。

ブリーフいっちょで走る貫多が少しだけかっこよく見えた。

つるかめ助産院

二十代後半、わたしは妊婦だった。
三年身籠るというお話があったけれどわたしも三年身ごもっていた。
その三年は肉体的にはつわりで最悪な日々だったけれど子宮が温かくてそこに存在しているそのことがとても嬉しかった。
ずっとそこにいて欲しいと思うと同時に待ってるから早く出ておいでと願っていた。

妊婦さんはそれだけで立派だ。
すごい偉業を成し遂げている。
わがまま放題に難しいことを考えずのんびりと過ごして欲しい。
力を蓄えその時を待つ。
雄叫びをあげ動物でまさに哺乳類なのだときっと感じる。
もちろん過ぎてしまえばその痛みをけろっと忘れまた人間に女に戻っていくのだけれど。

もうすぐ「つるかめ助産院」というドラマが始まる。
小川糸さんの原作に出てくるパクチー嬢が好きだった。

産むか産まないかは自分で決めればいい。
子供を欲しいと願うこともまた同様に。
結婚してもしなくてもいい時代になったのにそこはまだタブーな領域だ。
いつの時代も哀しむのは女の方で好き勝手に責められるのもまた女の方だ。
そしてそれを口にするのもまた女だから厄介だ。

そしてその後もがんじがらめな考えに縛られることもない。
頭で考えずに心と体がやさしくやわらかくうれしいことを選んでいけばいい。
なんとかなるのだから。

育む人。
いい言葉だなあ。
まりりん
月別アーカイブ
タグクラウド
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ