つぶやきまりりん

「何とかなる。それはやることをちゃんとやってる人のセリフ。」ミイ

2009年03月

タツロー フロム ナイアガラ

「ホワイトデイに何をもらったと思う?」
友達の自慢話。
はいはい。

ちょっと寂しくて・・・。
な?んて理由が欲しかっただけ。

注文していたCDが桜の便りと一緒に届きました。
TATSURO from NIAGARA

今日はなんだか幸せです。

61281591.jpg



お友達から看護師国試合格のサクラサクメールが来ました。
フルタイムの仕事と家事と通信教育での両立。
お好み焼きでお祝い。
二年ぶりに彼女の頼りがいのある腕を触りまくっていました。
よく倒れなかったとほっと一安心。

そして先日は歯科衛生士の国試合格のお友達とお茶をしました。

息子の就活と一緒にわたしはアラフォーの彼女たちから勇気をもらって午前中のパート探し。
真っ先に年齢と資格の有無を聞かれて面接までの道程は遠い。
雨は手のひらにいっぱいさ?と口ずさむまりりん。

プリンセス・トヨトミ

大阪城の地下に大阪国があったとしたら。
そんな歴史ロマン溢れる物語。

無駄かどうかはわからない。
でも無駄の中にかけがえのない想いがある。
四百年間、豊臣秀吉の末裔をただただ守り続けてきた。

今度大阪に行くことがあったら空堀商店街をさがしてみよう。

不思議な本だった。
心の中に温かいものが伝わってくる。

男はとにかくアホな生き物やから、一生懸命になって、自分たちで大切なものを守っているつもりになってるけど、どうかそってしておいてあげなさい。
何かやってることに気がついても、見て見ぬふりをしてあげなさい。


男と女は違う。
それぞれ大切なものを違うやり方で守ればいい。
敢えて何も言わないのが女の守り方か・・・。

万城目 学 著

春休み

「まーちゃん、お散歩行こうぜ。」

わたしを唯一ナンパするのは先日保育園を卒園したばかりの六歳児。
そして相棒も連れて行きたいという。

ケロロに夢中のかーくん。

小学校生活に慣れるまでしばらく遊んでもらいます。

侍ジャパンに酔いしれた日。



葉とらず林檎

「本を読む。
人と会う。
こつこつ続ける。」

勝間和代さんがテレビのトーク番組で言っていた言葉がずっと心に残っている。

昨夜は短大のOG会だった。
がむしゃらな時や悩んだ時があったからこその今のおだやかな時。
肩の力のちょっと抜けた先輩たちがとても柔らかくかわいらしかった。

ハトラズリンゴのことを聞く。
色はまだらだけど葉を残すことで美味しくなるそうだ。
その言葉がかわいくて一人別世界に飛んでいたわたし。

人と会うっていいなあ。
一人で黙々と歩くと息切れがしてくるけれど、おしゃべりを楽しみながら歩くスピードがわたしにはちょうどいい事に最近気がついた。

本は一人でも読める。
一人で歩くことも出来る。
でもそれだけでは広がらない大事なものがある。
あ!こつこつはこのブログかな。

覚王山界隈

日泰寺はお彼岸でお経をあげていた。
超宗派で日本で唯一お釈迦さまの遺骨が納められているそうだ。
お墓参りに行けなくてごめんねとここで手を合わせる。

ずっと気になっていた場所がある。
昭和のはじめ松坂屋初代社長によって尾張徳川家から移築された別邸の揚輝荘(ようきそう)。
戦時中は要人の拠点にもなり地下道が掘られていたそうだ。
庭園はノスタルジックな都会のオアシスだった。

904e524b.jpg

市松模様がかわいい伴華楼

昨日は東山給水塔が公開されていた。
道路から時々ちらっと見えるムーミンのお家のような赤い屋根の塔に登れるとわたしの心は浮き足立つ。
3db08d26.jpg


そして連理木のある城山神社へ足をのばす。

走る21512歩
まりりん
月別アーカイブ
タグクラウド
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ