つぶやきまりりん

群れない 慣れない 頼らない (堀文子)

2005年10月

コーヒーダイエット

お金をかけるのはいや。
運動するのもいや。
我慢するのもいや。

コーヒーを飲めば痩せるなんてあるあるの柴田さんじゃないけれど興奮気味です。
アメリカンでブラックでホット。
私は何十年もそうしてきたじゃん。
食後、三、四時間おき。
やってきたじゃん。

何が違うんだ?
インスタントだとだめなのかな。

浅煎りのマンデリンっていうコーヒー豆がいいらし。
温度は90度以下。

スーパーのコーヒー豆コーナーへ行かなくっちゃ。

*****

その前に以前衝動買いしたバランスボール膨らまさなくちゃ。
テレビを見ながら座ってるだけでいいなんて殺し文句についうかうかと・・・。

たまごかけごはん

テレビで卵かけご飯のイベントをみた。

ご飯の真ん中をくぼませてその中に卵をおとししょうゆをかける派。
さきに卵をといてしょうゆをかけそれをごはんにかける派。

わたしは後者。
なんとたまごかけごはん専用しょうゆも出回っているらしい。
歌もあるらしい。

小腹が空いて食べたくなってきた。
味付け海苔でくるんで食べたらたまらないよ?。

*****

忘れていました。
生卵を食べるとトイレとお友達になることを・・・。

すき焼きの卵は大丈夫なんだけどな。

ロング・エンゲージメント

アメリが大好きでたまらなかった私。
この映画を見逃してくやしい思いをしていました。
でもアメリほど評判はよくなくあまり期待はしていなかったけれどどんでもない。
またしてもジャン・ピエール・ジョネにまんまとやられてしまいました。
私は好きです、この映画。

「林檎の皮が最後までつながってむけたら願いが叶う。」

「あの交差点に着くまでに赤い車にすれちがったら願いが叶う。」

そんな願掛けします、します。
でもたいがいは過去をないものにしたい願い。
叶うわけがありません。

「時計の針が重なったら、帰ってくる。」

こんなかわいい願掛けをしていた頃もあったっけ。

一途でキュートで何かをたくらんでいるいたずらっぽいマチルドの顔たまりません。
大好きな彼の生存を願う旅。
謎解きの出演者が多くて必死でした。
この映画は一人で観ることをオススメします。
しゃべりかけられたくないから。

はらはら、どきどき、きゅんとします。

「歩くと痛くない?」とマネク。
もう一度、恋の予感です。

格さんや

離婚にはいつも男側に女の影が・・・。
男はお遊びのつもりでも女は命がけ。
そして因果はめぐる。

昨日は仕事がお休みでテレビ三昧。
桜田淳子がドラマに主演していました。
夫の浮気相手と銃での決闘。
弾を一つつめ相手に向けます。
拳銃は壊れていて結局元のさやにおさまって、ちゃんちゃん。

「待ってるだけの女は嫌だ。」
母と同じ道を辿ろうとしていた主人公は決意するのです。

「淋しい女はよく食べる。」
そうか、私は淋しい女か。
「淋しい女は花をかざる。」
そうか、またしても淋しい女か。

格さんや。
印籠が泣いちゃうよ。
別れる時ぐらいスマートにせめて生活の苦労はさせるなよ。
離れてしまった心にしがみつくより子供さんも大きいのだから、そしてまだまだ美しいんだから女優復帰をめざして自立してほしい。

そして2007年待ちの予備軍が増えているそうだ。

なんてワイドショーを見ながらおせんべいを食べてる私。

「ブログにはまる主婦(ブログマダム)も淋しがりや。」

ぎょえ?。

BS生活

BS生活になって毎朝楽しみにしているのが「風のハルカ」と「列島縦断乗りつくしの旅

毎朝のほほんと旅気分です。
子供の頃から日本地図と時刻表を片手に空想旅行をしていました。
鈍行列車で乗り継いで・・・。

もし今私に時間とお金と自分だけの自由があったら絶対に関口君みたいに旅に出たいです。
きままに下車してその町を自転車で走り回れたら素敵だろうな。
駅に貸し自転車があることが条件ですけど。
最近は電動自転車も貸し出されているので坂も気にせず最高です。

関口君ってすごい才能です。
絵を描き、曲を作り、自然に旅人として土地の人と触れ合う。
本当の肩書きである俳優の関口くんは見たことないけれど・・・。

日曜日にはスペシャルでドイツの鉄道に乗って弦のたくさんある楽器に挑戦していました。

番組の中でテーマ曲を歌う福島邦子さんが気になっていました。
なぜか懐かしいんです。
検索してみたらダンナと同い年。
伸びやかな声にもっと若い人かと思っていました。
なんと世良まさのりとポプコンを競い合ったそうです。

知らなかったな。
こんなミュージシャンがいたなんて。

「ハルカ」の方はものすごく遠いけれど縁がある子だと判明。
こっそり応援しています。
まりりん
月別アーカイブ
タグクラウド
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ