つぶやきまりりん

「何とかなる。それはやることをちゃんとやってる人のセリフ。」ミイ

春一番・・・その2

e432a3dc.jpg

※「ありがとう」は大西ユカリさんの字だそうです。

なかなかアクセスできずになんどか更新を試みましたがエラー。
その時その瞬間感じた思いがあふれそうでしたが時間を置くとまた違った印象が残るものです。
どちらの気持ちも好きです。
ある掲示板に書き込んだコピーをそのまま貼り付けます。

**********

Re: 春一番、行ってきました まりりん - 2005/05/07(Sat) 10:52 No.1591


春一よかったですね。

私はあれからカラムーチョ(カオリーニョ藤原)にとりつかれています。
♪カッコ? カッコ カコ 過去

なぎらもどきのペーソスもウッドベースとボーカルの二人組も新鮮でよかったです。
8ab68321.jpg


大阪のコテコテの文化に触れたみたいでドテとビールが恋しくなっちゃいます。

もちろん大御所の存在はすごい。
年月を重ねてその人が研ぎ澄まされている。
小坂忠、友部正人、いとうたかお、有山じゅんじ、豊田勇造・・・・

金子マリはいつものバックバンドと勝手が違ってやりにくそう。
きっとそれぞれは一流なんだろうけど互いの駆け引きというかやっぱりあうんの呼吸って聞くほうにも伝わってくるものなんですね。←えらそうでごめんなさい。
でも「朝日のあたる家」を聞けてうれしかった。
以前ちあきなおみの歌うこの曲を聴いた時に鳥肌がたったことを思い出していました。
da090c69.jpg


そしてこれだけは書き込んでおかなくちゃ。
「自転車にのって」の大合唱。
高田渡の子供達とそしてそれぞれの想いで会場に集まったおっちゃん、おばちゃん。
雲の上でへべれけでうたた寝をしている渡さんに届いたかな?。
64892787.jpg


**********

来年も会いたいな。

私が中学生のころ始まったこのイベント。
ノスタルジーだと言われちゃうと淋しくもあります。

♪誰も悪くないねん

みんな一生懸命生きている。
誰も責めたくないし誰のせいにもしたくない。
でも一番大切な事を最近忘れちゃっている私達。

そんな思いが突き上げてきた春一番。
またいつの日にか春一番の風が吹きますように。

春一番・・・その1(5月4日)

朝起きると気持ちのいい五月の風。
日頃の行いがいいからです・・・ってね。

いつも遠出する時に利用する一日1000円のビル駐車場。
その出口には地下鉄へつながるエレベーターまであります。
管理人さんもいるし安心です。

名古屋駅発8時ちょうどの近鉄電車。
二時間私は読書、ダンナはヘッドホンでCDを聞いて過ごします。

10時過ぎに難波到着。
お昼のお惣菜(ビールのつまみ)とおにぎりを買い込んで、地下鉄で服部緑地へ着くころには11時開演の人並みが会場を取り囲んでいます。
携帯で待ち合わせの人たちと連絡を取り合うダンナ。
そのでかい声でちょっと前を歩いていたお知り合いが振り向きます。

前回春一に来たときからファンになってしまった波人の力強い演奏がお出迎え。
これから8時間。
ただただ音楽に抱かれます。

夜のピクニック

本屋大賞受賞作です。

受賞作と名のつくものを読むのが大好きです。
賞をとった作品って個性があり言葉がきれいです。
素直に心に入り込んできていつの間にか涙が出ています。

私にもまだ悔しかったり悲しかったり淋しかったりではない澄んだ涙があったんだってそのことがうれしくもあります。

恩田陸さんの「夜のピクニック」
懐かしさと切なさでいっぱいになります。

一昼夜歩く高校生の行事。
恋愛や悩みや受験への不安を友人と語りながら歩く。
もちろん足にはまめができ筋肉痛との戦いです。

淡々としているからこそ映画化すると素敵だろうなって思っちゃいました。
まりりん

maririnn_bb

月別アーカイブ
タグクラウド
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ